遊牧民体験・市内ホームステイ、他にはない!モンゴル異文化ツアー

モンゴルで貴重な異文化体験

マイステージのモンゴル異文化ツアーは、遊牧民体験だけではなく、現地の方の生活を体験できる沢山のプログラムをギュッと詰め込んだ5泊6日のツアーとなっております。

首都ウランバートルで暮らす家族のもとで、ホームステイをしながら、現在の生活を垣間見る事が出来ます。

また、現地学校で学生たちに日本語や日本の文化を教える教師アシスタントとして参加できたり、孤児院の子ども達へのボランティア活動を取り入れたり、ただの旅行やツアーで出来ない事が盛りだくさん。

もちろん、遊牧民との交流、暮らし体験、ゲルへの宿泊と観光名所もしっかり押さえたツアーです!

ツアー内容

<1日目>

今回ご参加下さったのは、島根大学の学生さんたち♪

空港に着いた時から、専任のガイドさんが付きっ切りで案内してくれます。

初日は到着は夕方となりましたので、その日はそのままウランバートルのホームステイ先へお送りしました。

今回お世話になるホストファミリーは、元気な二人の男の子がいる4人家族で、とってもフレンドリーなファミリーです。

ホストファミリーとのコミュニケーションは英語となります。

日本のお土産にビーチボールと笛ラムネを持って行かれたそうですが、子ども達が大喜びで楽しそうに遊んでくれたそう!

<2日目>

2日目は、朝食を済まして遊牧民のいる草原へと向かい、そのまま二泊三日のゲル宿泊をします。

午前中から、博物館や13世紀村などで観光し、お昼にツーリストキャンプに到着。

昼食後は、本物の遊牧民の所に行き、遊牧民の生活体験をします。

ヨーグルト、バター、チーズ、馬乳酒など乳製品の味見などしてもらいました♪

遊牧民生活体験用のゲルは、観光客向けのものとなります。(本当の遊牧民ゲルに泊まりたい方はアレンジ可能!)

ゲル宿泊で多くのお客様が心配されるのがトイレとシャワーですが、設備の整ったものがあるので非日常を楽しみながら、ストレスなく過ごせます。

<3〜4日目>

ゲル宿泊中は、乗馬をしたり等、モンゴルの大自然を贅沢に堪能いただきます。

<5日目>

ゲル宿泊4日目の朝、ウランバートルへ戻ります。

お昼からは現地の日本語学校へお邪魔し、実際に日本語教師アシスタントとして授業に参加です。

午後からは、モンゴル伝統舞踊の鑑賞へお連れし、ホームステイ先に戻り夕飯となります。

<6日目>

最終日は、朝から山登り、午後はウランバートル市内観光で締めくくり。

最終日の山登りは体力的にきつかったみたいです・・

こちらのツアーは、最終日のお昼ご飯はご自身で食べたいものを食べ頂けます。

(最終日のお昼ご飯以外は食事付きとなります)

モンゴルツアーについての感想

<ゲル宿泊について>

ゲル泊は思っていたよりも快適で、朝起きてドアを開けたら目の前に牛がいる、ベットの下に小動物がいたというのも日本ではない光景で楽しかった。

どうしても日本食が恋しくなるので、カップ麺や日本のお菓子を持っていてよかった。

ゲルはツーリスト用になっていて良かったです!

1人1つのベッド、虫除けの蚊帳、寒さ対策の暖炉もあり充実していたので不安なく泊まることができました!

トイレは少し離れた場所にあったのですが、清潔で使いやすかったです^^

<日本語教師アシスタントについて>

先生のアシスタントとして日本語を教えるのかなと思っていましたが、実際は私たち2人が生徒から様々な質問を受け答えるという授業の形になりました。

私たちと同い年ぐらいの生徒たちは、好奇心いっぱいのキラキラの目で、たくさん日本について質問してくれました。(日本の映画やアニメについて、漢字について、盆踊りを教えてほしい、日本の若者は休日何をして過ごすのか、私たちの大学のことなど)

日本について知りたい、学びたいという意欲が強く伝わってきて、忘れられない経験になりました。

<食事について>

モンゴルはお肉と乳製品ばかりで驚いた。
テレルジ国立公園や、ホームステイ先のご飯は美味しくてお腹いっぱい食べることができた。

<遊牧民の食事について>

13世紀村で食べたヨーグルトは日本のブルガリアヨーグルトの味に似ていて食べやすかったです。チーズは口にした途端ボロボロ崩壊し、日本で売られているチーズとは全く異なる食感でした。

アーロールというチーズは、石みたいに硬かったです。
モンゴル特有の色々な食べ物を頂いて、日本の乳製品の食べやすさを感じました。

キャンプ内のレストランでのモンゴル伝統料理のホルホグは、臭いがきつくて、また食べたいとはならなかった…。一緒に調理してあったジャガイモとニンジンはとても美味しかった。

ツーリストキャンプで食べた羊肉は、強烈な家畜の匂いで、かみごたえが凄かったです。羊肉に慣れてないため、あまり食べる事が出来ませんでした。

<ツアー全体の感想>

1週間で、都会である、ウランバートルのマンションで暮らすお家でのホームステイと、観光客向けではありますが周りに草原が広がるツーリストキャンプのゲルの、対照的な両方に宿泊できたところが良かったです。

日本語教師アシスタント、乗馬、遊牧民訪問、山登りなどたくさんの経験が出来たのも良かった。

モンゴルは決して便利とは言えないけれど、日本では経験できないことや見ることのできない景色がたくさんあり、来てよかった。

たくさんの場所に行くには車がないと不便で、通訳さんと運転手さんが専属でいたのが良かった。

ホームステイ先のお父さんが日本の歴史に詳しく、日本に関心があるというのが伝わって嬉しかった。

私たちは、英語は堪能ではないが、ホームステイ先の家族はみんな英語がペラペラで、英語でコミュニケーションをとるいい機会になった。

子どもたちも元気で可愛くて、とても楽しかった。家が綺麗で、自分たちの部屋まで一部屋用意してもらって、とても快適に過ごすことができた。

観光地では、モンゴル以外の国の人とも会話をしたり写真を撮ったりと国際交流ができていい経験になった。

お土産に羊毛のコースターやカシミヤの手袋、ミニチュアのゲル、モンゴル岩塩などをかって帰ったがどれも好評だった。

便利なものが沢山揃っている現代で、今も牛や羊、馬の面倒を見て遊牧民を続けるというのは私にはできないと思ったが、来たからこそ吸収できることが沢山あった。

 

‐‐‐‐

マイステージのモンゴル異文化ツアー、いかがでしょうか?!

モンゴルの貴重な伝統料理を実際に食べてみたり、大自然を満喫したりなど、異文化を味わう事はとても良い経験になりますよね。

他にはない盛りだくさんの内容と、現地の方との交流も多く満足いただける内容になっています♪

5月~10月がベストシーズンとなっており、ツアー内容ともにアレンジ可能です!!

ご興味がございましたら、お気軽にお問合せ下さい!!

 

<LINEの友だちについかする>

 

Posted in Blog, Uncategorised.