オーストラリア拠点の留学エージェント お得なキャンペーン実施中! インターンシップ、ワーホリ、留学も全てマイステージにお任せ!   Australia Specialist based in Sydney Australia! Free of charge for school arrangement and visa application for students and working holiday!!

オーストラリアの公共交通機関の乗り方、徹底解説!

My StageアンバサダーのNanamiです!

オーストラリアでは州や地域によって使われる交通ICカード(SuicaやICOKA, PASUMOのようなもの)が異なります

日本では、各エリアや鉄道会社にそれぞれのカードがありますが、他のエリアでも手持ちのICカード使えることがほとんどですよね。
オーストラリアでは州やエリアごとに違うICカードを、他のエリアでは使うことができません!!

オーストラリアへ留学やワーキングホリデーに行こうと考えているや、他州へ旅行を検討されている方は、
到着時に大きい荷物を抱えたまま迷わなくていいように
自分が行く地域の交通カードの特徴を事前に知っておきましょう!


ここではそれぞれの地域のICカードについて、

1.どこで使えるか? 

2.どこで買えるか?

3.カードを作る時に必要なお金

4.そのカードの種類

5.その他

を紹介していこうと思います!

ニューサウスウェーウェルズ州の交通カード  opal card

ニューサウルウェールズ(NSW)州の主な都市:シドニーやニューカッスル、ウーロンゴン、バイロンベイなど

1.どこで使えるか?

シドニー広域の公共交通機関で使われ、2012年からはニューサウスウェールズ州のフェリー、電車、バス、路面電車でも利用可。

2.どこで買えるか?

提携のコンビニやNEWS AGENCYなど

3.カードを作る時に必要なお金

発行手数料無料

4.カードの種類

・Adult(黒) :16歳以上、留学生は多くの場合これを利用する。

・Child/Youth(緑) :4歳〜15歳、またはNSWかACTの学校に通う16歳以上の生徒が使用可。

・Senior/Pensioner(黄) :年金を受給している方や難民の方が使用可。

・Concession(白) : 特定の大学、専門学校に通う方が使用可。

5.その他

一日の運賃支払いの上限が

・月〜土→ 16.10ドル

・日→ 2.80ドル で、これを超えた日はそれ以降無料で公共交通機関を利用できます。

ヴィクトリア州の交通カード  myki

ヴィクトリア(VIC)州の主な都市:メルボルン、ジーロング、ベンディゴなど

1.どこで使えるか?

メルボルンを含むビクトリア州の電車、バス、トラム

2.どこで買えるか?

電車の駅の窓口やコンビニ、mykiの券売機など

3.カードを作る時に必要なお金

カード代 6ドル

4.カードの種類

・myki money  ゙…その都度トップアップして使う

・myki pass  …定期のように一定期間をトップアップして使う

・myki Explorer pack …カード6ドル+運賃9ドル

※トップアップとは日本で言うチャージと同じ意味で、お金をあらかじめカードに入れることです。

5.その他

料金区分は、Free tram Zone(都心中心部)・Zone1(都心部)・Zone2(郊外)の3つに分かれています。

 

クイーンズランド州の交通カード  go card

クイーンズランド(QLD)州の主な都市:ブリズベン、ゴールドコースト、ケアンズなど

1.どこで使えるか?

クイーンズランド州で使われ、主にゴールドコーストやブリスベンなどの電車、バス、トラム、フェリー
*ケアンズでは利用できません。

2.どこで買えるか?

コンビニやNEWS AGENCY、トラムの駅に設置してある自動チャージ機など

3.カードを作る時に必要なお金

発行の際、10ドルのデポジットと5ドル以上のチャージが必要。

4.カードの種類

・大人用のAdult(青)

・オーストラリアの学生用のConcession(緑)

・高齢者用のSenior(赤)

・5-14歳用のChild(黄)

5.その他

1時間に3回まで乗り換えしても1回の乗車としてカウントされるシステム(コンティニュエーション/Continuation)がある。

パース(ウエスタンオーストラリア州)の交通カード  SmartRider

1.どこで使えるか?

パースの公共機関すべて
*パース近郊のみで利用可能

2.どこで買えるか?

パースの各駅に併設されているトランスパースインフォセンター

・Elizabeth Quay Bus Station

・Perth Busport

・Perth Station

・Perth Underground Station

3.カードを作る時に必要なお金

Standard : 10ドル + チャージ代10ドル以上 = 20ドル以上

Concession : 5ドル + チャージ代5ドル以上 =10ドル以上

4.カードの種類

・Standard(大人用)

・Concession (学割)

・Senior(シニア)

・Pensioner(障害者など)

・Veteran(退役軍人・家族など)

・Tertiary(大学生・TAFEの学生)

5.その他

「Family Rider」 : 土日祝限定で大人2人+子供5人までが1枚のチケットで1日乗り放題で13.10ドル!

(平日でも利用できますが時間帯などの制限があります。)

 

アデレード(サウスオーストラリア州)の交通カード  mertoCARD

1.どこで使えるか?

アデレードの電車、バス、トラム

2.どこで買えるか?

アデレード市内のインフォメーションセンター、コンビニ

3.カードを作る時に必要なお金

Regular : 5ドル + チャージ代5ドル = 10ドル

Concession : 3.5ドル + チャージ代5ドル =8.5ドル

4.カードの種類

・Regular(青)

・Concession(緑)

・Student(オレンジ)

・Seniors(白)

※ Concessionカードは小中学生以外の学生に適用される学生割引用カード

5.その他

14日間または28日間、トラム、電車とバスが乗り放題になるカードがあります。

・metroCARD 28 Day Pass Regular 99ドル

・metroCARD 14 Day Pass Regular 60ドル

カードを買う時のお役立ち英語

 

・Can I top up ○○(金額) dollars, please?

(○○ドルチャージしてもらえますか?)

 

・Can I have an/a (adult/concession,child,senior)〇〇 please?

(大人用/学生用、子供用、シニア用〇〇を下さい。)

 

・I would like to buy a 〇〇, please.

(〇〇を1枚下さい)

 

・乗車時にカードを読み取り機にかざすこと→Tap on, Touch on, Tag on

 降車時にカードを読み取り機にかざすこと→Tap off, Touch off, Tag off

~最後に~

このページではオーストラリアの交通ICカードについて、詳しく紹介しました!

聞いたことがある人も多いと思いますが、海外では、バスや電車が時間通りに来ないことは日常茶飯事です。
オーストラリアもそんな海外の国の一つです。

時間に遅れるどころか、そのまま来ないなんてもとも。それも海外らしい経験です!

また、バスはバス停で待っているだけでなく、手を上げないと停まってくれません。
各エリアの公共交通機関のスマホアプリがありますので、事前にスマートフォンに入れておくと安心です!!

留学やワーキングホリデーに行く方は、自分の行く地域のカード事情を知ってお得に便利に利用しましょう!

オーストラリアへ留学やワーホリを検討中の方は、学校やビザのことなどお気軽にご相談ください★
マイステージでは、留学カウンセリング、ビザ申請サポート、現地サポートもすべて無料です!!

 
 

また、SNSでもオーストラリアの情報や、留学・ワーキングホリデーの情報や体験談などご紹介しているので興味のある方はぜひご覧ください!

 

YouTube  : https://www.youtube.com/channel/UC790pI9ktaYjAqyYRHmtSbA

Instagram : @mystage.japan

Twitter      : @MyStageJapan

Facebook : https://www.facebook.com/mystageedu

 

最新情報をチェックしよう!
>全てのお客様に誠心誠意のサポート

全てのお客様に誠心誠意のサポート

MyStageでは16年に渡り、オーストラリア現地の日系エージェントとして留学生やワーホリ、海外移住を目指すの方々のサポートをしております。オーストラリアで留学エージェントとして、長年の実績やノウハウがあるので、留学について何もわからなくても、悩みや不安、希望やゴールなどカウンセリングを通して何でもお聞かせ下さい。徹底したカウンセリングであなたの海外生活をサポートします。