オーストラリアで看護の資格を取りたい人へ

オーストラリアで看護を学ぶメリット

日本も国際化が進み、近年では海外で医療を学ぶ人も多くなっています。

インターン制度を利用したり、海外の医学部で勉強することにより、日本や世界で通用する医療を学ぶ事が出来るのが特徴です。

オーストラリアは世界でも医療福祉先進国といわれていて、看護教育の中でも患者の権利やプライバシー、治療の選択についてなど、徹底した訓練がされます。

更に、オーストラリアの働き方文化は日本と大きく違い、先輩看護師とも対等に話ができたり、個々の意見を尊重するという職場環境があるので働く私たちのストレスも大きく変わります。

また、法律で厳しく定められている事もあり、日本よりも高給で待遇が良いので、残業代や有給、疾病休暇(シックリーブ)などが確実にあるのも魅力の一つ。

オーストラリアの看護コースは様々ですが、正看護師になる為には大学の看護学科(Bachelor of Nursing)の卒業が条件となり、看護アシスタントなどとして働く場合にはCertificateコースやDiplomaコースなど、レベルによって様々な選択肢があります。

日本では医療行為と認められていないアロマやアートセラピーなど分野もコースによっては学ぶ事ができます。

 

自分に合った看護師資格取得コースを選ぶために

コースカリキュラムでは、看護助手として働くための知識を実践的に学んでいきます。

精神・身体的な問題をかかえる患者さんとのコミュニケーションの取り方など、医療福祉の現場で働く上で必要なスキルを身につけることができます。

学校やコースにより内容は異なってきますが、まずは自分の現在のスキルと将来のスキルセット、目的を明確にし、医療の現場で活躍できるためのステップアップを目標にコース選びをしていく事をおすすめします。

 

目的別一覧【Nuringコース】

Diploma of Nursing (HLT54115)

Diploma of Practice Management (HLT57715)

Certificate IV in Ageing Support (CHC43015)

Graduate Certificate in Client Assessment and Case Management (CHC82015)

Certificate III in Health Services Assistance (HLT33115)

Certificate III in Health Services Assistance (Assisting in Nursing Work in Acute Care) (HLT33115)

Certificate III in Individual Support (CHC33015)

Posted in Uncategorised.