カナダ留学

カナダのネイティブから生きた英語力を鍛える

カナダは、母国語となる英語だけではなく公用語としてフランス語が話されるバイリンガル国家となります。

英語圏はトロントやバンクーバー、カルガリーフランス語圏はモントリオールやケベックになりますが、もちろんどの地域でも英語で会話することができます。

そのためカナダの人々は第二言語の習得に理解があるとともに、教育費では日本の教育費と比較すると約1.3倍にもなり、国策として高い教育水準を提供しています。

それに加えて、母国語が英語であるかに問わず移民を多く受け入れる歴史的背景もあり、第二言語として英語を学ぶ人々にとっては学習しやすい環境が整っています。

また、アクセントに癖がなくニュートラルなアクセントは国籍を問わず聞き取りやすいと言われており、国際的なテレビ局でもカナダ人のキャスターを採用する傾向もあるそうです。

第二言語取得に理解があるお国柄と国策として教育に力を入れている点、国際的に裏打ちされた英語力の3点から英語を学ぶ環境として高い水準にあると言えます。

トロントやバンクーバーなど大都市ではブロークン・イングリッシュやスラングなど街中を歩いているだけで日本の教科書には乗っていない表現や言葉を体験する機会に出くわすことが多くあります。

カナダ人だけではなく多くの国籍の人たちとともに暮らしに根付いた生きた英語を学べる環境はカナダ留学の魅力の一つだと言えます。

 

カナダ留学のおすすめポイント

カナダといえばやはり壮大な自然。

自然のアクティビティが好きな方、自然も楽しみたいけど便利なシティでの暮らしを味わいたい人にはカナダはとてもおすすめです。

カナダは移民の受け入れに寛大で、インターナショナルな環境で生活できるのも特徴の一つです。

カナダの人気の都市部は 世界の住みやすい町ランキングにも常に上位に入っており、 治安なども比較的良く、日本人にもとても人気の留学先の一つです。

また、アメリカにも近くホリデーを利用すれば旅行もしやすいのでアメリカに興味がある方にもおすすめです。

 

カナダ留学スタイル<短期・ジュニア・親子・シニア>

留学といっても様々なスタイルの留学があります。

短期留学から長期留学、それぞれの目的や目標に合わせて留学コースのアレンジも可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

  • ジュニアサマープログラム
  • 親子留学
  • シニアプログラム
  • 教師育成コース
  • ビジネス英語コース
  • プライベートレッスン
  • 試験・資格準備コース(ケンブリッジ/IELTS/TOEFL/TOEIC)

 

滞在スタイル

ホームステイ

一般家庭のお宅に滞在しながら、現地の家族とのやり取りを通して英語力を伸ばせるのがホームステイ。

英語力がまだ十分に無いために、せっかく海外にいるのになかなか友達作りに苦戦したり、仕事場で英語を使う機会がほとんどない…など、実際に外で英語を使う機会がないという方は多くいます。

海外生活の経験がない方や、滞在期間中は英語を積極的に使いたいという方がお勧めです。

また、現地の家族のサポートというのはとても心強いものです。

一人で新しい生活の基盤を作っていくというのは大変ですので、そういった新しいチャレンジの中で成長していくにはホームステイという滞在方法は非常に有効的な手段です。

シェアアパート

シェアアパート(ルームシェア、フラットシェア等)とは、アパートの一室に数人の人と一緒に住み、部屋の一室を丸ごと借りたり、一つの部屋に数人と一緒に住む事です。

ホームステイでは家のオーナーの家族たちと一緒に住みますが、シェアアパートの場合、同じように部屋を借りている人たちが集まって住んでいる事が多いです。

その為、日本では巡り合う事のないような国の留学生と生活を共にするので、そこから友達を作ったりコネクションを広げるにはいい滞在手段と言えます。

ですが、シェアアパートで暮らす上で、ホームステイと比べてかなり自立して生活しなければなりません。

ある程度の英語力がないと気まずい雰囲気が生まれてしまったり、元々いるシェアメイトと相性が合わなかったりなどの問題が発生する事もありえます。

 

短期留学なら生活しやすい季節を狙おう

世界で2番目に大きな面積を持ち多くの移民を受け入れ「住みやすい国」ランキングで毎年上位になる国カナダ。

広大な土地を持つカナダは、地域により気候が様々なので、どの地域にいつ留学するかという点をしっかりと考える必要があります。

時期と都市によっては最低・最高気温の差も大きい為、カナダへの渡航は滞在の時期とタイミングを見極めましょう。

 

Posted in Uncategorised.