カフェインターンシップ体験談:精神的に強くなり、自分に自信がつきました!

日本の夏休み・冬休み期間、マイステージを通じて、毎年多くの大学生の方々がインターンシップに参加されます。

今回のブログでは、オーストラリアのシドニーにて、2週間のカフェインターンシップを終了した大学生Yさんのフィードバックをご紹介します♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターンシップ先:オーストラリアシドニーのカフェ

期間:2週間

業務内容:レジでのカスタマーサービス、オーダー取り、スムージー作り、商品の陳列など

 

インターンプログラムに参加した目的は?

私は海外に旅をして現地の方と関わり文化を学ぶことが好きで、今まで6か国を訪れました。大学に入って英語を一年半勉強してきて、旅行をするだけでなく、海外で働き、海外に住んでみたいという夢ができました。

自分のゴールに一歩でも近づくために、大学生のうちに前もって経験を積むためと自分の未来設計のために参加しました。

 

カフェインターンを選んだ理由は?

よりローカルな場所で働くことで、オーストラリアの風習をみることができると思ったからです。

 

インターン中、難しかったことなどありますか?

インターン初日に驚いたことは、マニュアルは一切なく1分程説明を受けた後に、最初の仕事がオーダーとりで(驚)、すぐに実践だったことです。これは日本とは大きく違った点で、聞いて学ぶのではなく、実践しながら学ぶのがオーストラリア式でした。

また、日本では困っている人がいたら助けようとしますが、オーストラリアでは自分から助けを求めることが必要だと分かりました。

店内全ての商品が英語なので、専門的なワードが分からないことも多々あり、毎日勉強もしました。

 

オーストラリアの印象は?

オーストラリアの方はとてもフレンドリーで、スタッフの人と毎日元気にあいさつを交わしたり、色んな話をしたり、お客様とも話す機会が多く、とても楽しい職場でした。何人かのお客様が「ありがとう」と日本語で言ってくれた時は、とても嬉しく、この国はお互いの文化を尊重しあっている国だなと感じました。

初めは、オーストラリア英語の発音を聞き取るのが難しくて、困った時もありましたが、仕事とともに慣れていきました。

 

インターンを通じて、成長できたところは?

インターンをスタートする2週間前より、精神面が強くなり自分に自信がつきました

日本と違って指示をもらって動くのではなく、自分から出来ることを見つけて動くということが、オーストラリアの働き方なので、インターンをすることで観察力・判断力が伸びたと感じています。

また、毎日スタッフの人やお客様と話したり、現地の人の話し方を聞いたりしてカジュアルな英会話を学ぶことができ、英語力も向上しました。

 

インターンを通じて学んだことは?

自分の語は完璧ではないけれど、自分の意思を相手にきちんと伝えることが大切だと学びました。何事も新しいことに恐れず挑戦して経験することが、自分を成長してくれるのだと確信しました。

 

マイステージを利用した感想は?

Lineで親身に連絡してもらえたり、到着オリエンテーションや空港送迎サービスがありとても助かりました。

 

My Stageまとめ

2週間という短期インターンシップでしたが、持ち前のチャレンジ精神で大きく成長したYさん。

今後は、「一年後の留学に向けてさらにスキルアップしていきます!」とのこと。マイステージも応援しています!

 

 

 

 

 

 

マイステージでは、カフェインターンシップ以外にも、教育関係、オフィス関係、ホテルやクルーズなどホスピタリティ関係など、さまざまなインターンシップをご紹介しています。

英語力がなくてもチャレンジいただけるインターンもありますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

★★オーストラリア留学・ワーホリ・インターンシップ★★
マイステージ文乃(あやの)
LINE ID:mystageau
電話:02 9261 8914 / 0406 757 878
メール:mystage@mystageedu.com
営業:月~木9:30~18:00、金9:30~17:40(シドニー時間)

 

Posted in Uncategorised, インターンシップ, インターンシップ体験談, 無給インターンシップ体験談 and tagged .