オーストラリア拠点の留学エージェント お得なキャンペーン実施中! インターンシップ、ワーホリ、留学も全てマイステージにお任せ!   Australia Specialist based in Sydney Australia! Free of charge for school arrangement and visa application for students and working holiday!!
TAG

資格

オーストラリアで看護の資格を取りたい人へ

オーストラリアで看護を学ぶメリット 日本も国際化が進み、近年では海外で医療を学ぶ人も多くなっています。 インターン制度を利用したり、海外の医学部で勉強することにより、日本や世界で通用する医療を学ぶ事が出来るのが特徴です。 オーストラリアは世界でも医療福祉先進国といわれていて、看護教育の中でも患者の権利やプライバシー、治療の選択についてなど、徹底した訓練がされます。 更に、オーストラリアの働き方文化は日本と大きく違い、先輩看護師とも対等に話ができたり、個々の意見を尊重するという職場環境があるので働く私たちのストレスも大きく変わります。 また、法律で厳しく定められている事もあり、日本よりも高給で待遇が良いので、残業代や有給、疾病休暇(シックリーブ)などが確実にあるのも魅力の一つ。 日本では医療行為と認められていないアロマやアートセラピーなど分野も、コースによっては学ぶ事ができます。 自分に合った看護師資格取得コースを選ぶために コースカリキュラムでは、看護助手として働くための知識を実践的に学んでいきます。 オーストラリアの看護コースは様々ですが、正看護師になる為には大学の看護学科(Bachelor of Nursing)の卒業が条件となり、看護アシスタントなどとして働く場合にはCertificateコースやDiplomaコースなど、レベルによって様々な選択肢があります。 精神・身体的な問題をかかえる患者さんとのコミュニケーションの取り方など、医療福祉の現場で働く上で必要なスキルを身につけることができます。 学校やコースにより内容は異なってきますが、まずは自分の現在のスキルと将来のスキルセット、目的を明確にし、医療の現場で活躍できるためのステップアップを目標にコース選びをしていく事をおすすめします。 レベル別コース一覧【Nuringコース】 Diploma of Nursing (HLT54115) Diploma of Practice Management (HLT57715) Certificate IV in Ageing Support (CHC43015) Graduate Certificate in Client Assessment and Case Management (CHC82015) Certificate III in Health Services Assistance (HLT33115) Certificate III in Health […]

海外就職を目指す!英語を使って仕事がしたいならケンブリッジ英検がオススメ!

海外で英語力を証明するならTOEICよりもケンブリッジ英検! 「海外で働くにはTOEIC何点くらい必要ですか?」という質問を多くもらいます。 TOEIC800点持っています!というような学生さんでも、実際に英語力チェックをさせてもらうと全然話せない、という方も多くいるんですよね。 日本ではまだまだ英語の資格というと、TOEIC、TOEFL、英検等が重宝されているが現状で、求人情報などにも、TOEIC600点相当とか、800点以上なんて書かれている企業も多くあります。 ですが、「実際に海外に出て働いてみたい」という方にとっては、海外での大学や仕事場で英語が使える事を証明するとなると、TOEICのスコアがあまり基準にされてないのが現状です。 そこで、海外で通用する検定としておすすめなのがケンブリッジ検定。 今回は詳しくケンブリッジ検定についてご紹介していきます。 「生活で使える英語力」が証明できる ケンブリッジ英語検定は「読む」「聞く」「書く」「話す」の4つの技能の力を測定する4技能試験です。 「実生活のさまざまな場面で、コミュニケーションのために英語をどのように使うことができるか」を適正に評価できる検定試験として高い評価を受けています。 ケンブリッジ検定は、世界中の英語学習者や指導者にとって価値ある資格試験の開発、提供に努めているもので、英語学習者にとって価値のある英語の資格を提供しています。 その為、日常の生活、仕事、学習で使える実践的なコミュニケーション能力を鍛えるコースになっています。 近年では、世界中の20,000以上の大学、企業 (雇用者)、行政機関が、このケンブリッジ検定試験を認定しています! 日本ではまだなじみのない検定かもしれませんが、IELTSと並んで世界ではもっとも広く認知されている英語試験となっています。 5段階レベルから学習段階に合った試験を選択 【基礎レベル】KET(Key English Test) TOEICスコア(Listening&Reading)250~、TOEFLスコア(ITP)300~に相当します。日常会話など、基礎的で一般的なコミュニケーション能力が必要です。 【初級レベル】PET(Preliminary English Test) TOEICスコア(L&R)400~、TOEFLスコア(ITP)400~に相当します。外国での生活に支障がないレベルです。 【中級レベル】FCE(First Certificate in English) TOEICスコア(L&R)650~、TOEFLスコア(ITP)500〜に相当します。 大学、企業などではFCE取得によって英語能力の証明とされるため、最も受験者が多いレベルです。英語を日常使用する職場で働く方の受験をおすすめします。 【上級レベル】CAE(Certificate in Advanced English) TOEICスコア(L&R)800~、TOEFLスコア(ITP)600〜に相当します。 国際ビジネスに携わる方におすすめです。 【最上級レベル】CPE(Certificate of Proficiency in English) TOEICスコア、TOEFLスコア共にほぼ満点、またはそれ以上のレベルに相当します。 ※ケンブリッジ検定のレベル分けをTOEICやTOEFLのスコアに当てはめたスコアはあくまで目安です。 ワーキングホリデーや1年間の留学で来られる方はFCEを受講される方が多く、FCEレベルのケンブリッジ検定試験に合格した方の英語力は、十分ビジネス上で使える英語力があると評価を受けています。 それにケンブリッジ検定は一度試験にパスすれば、一生涯に渡ってその資格を保持することが出来るんです! 日本ではまだあまり普及しておりませんが、日本の外資系企業の間でも徐々に認知され始めています。 海外で勉強したからには何か資格が欲しい!という方には大変オススメの資格です。 ケンブリッジ検定とはどういった勉強方法なのか? ケンブリッジ検定のいいところは、内容が実生活に基づいているというところでしょうか。 TOEICやIELTSを勉強していると「こんな単語、どこで使うんだろう・・」というような難しい内容ばかりで挫折してしまう方も多いかと思います。 […]

>全てのお客様に誠心誠意のサポート

全てのお客様に誠心誠意のサポート

MyStageでは16年に渡り、オーストラリア現地の日系エージェントとして留学生やワーホリ、海外移住を目指すの方々のサポートをしております。オーストラリアで留学エージェントとして、長年の実績やノウハウがあるので、留学について何もわからなくても、悩みや不安、希望やゴールなどカウンセリングを通して何でもお聞かせ下さい。徹底したカウンセリングであなたの海外生活をサポートします。