親子留学するならオーストラリア!プラン別費用を比較!

親子短期留学プログラム費用例

長期間お休みを取ったり、なかなか時間が取れないという人におすすめな短期留学。

最短で1週間からの申し込みも可能でなので、気軽に参加できるのが特徴です。

短期で親子留学をされる方の多くはお子様の学校のお休み期間を利用してプログラムに参加されますが、一年を通して好きなタイミングで留学できます。

滞在先はご要望や目的に合わせて選ぶことが可能です。

 

年齢0~5歳【幼稚園】

<特徴>

 

<期間別料金表>

 

1週間

2週間

1カ月

 

<含まれるもの>

  • 空港ピックアップ

 

年齢6~17歳【小・中・高】

<特徴>

 

<期間別料金表>

 

1週間

2週間

1カ月

 

<含まれるもの>

  • 空港ピックアップ

年齢18歳~【大学・専門学校・語学学校】

<特徴>

 

<期間別料金表>

 

1カ月

3カ月

 

<含まれるもの>

  • 空港ピックアップ

 

 

親子長期留学プログラム費用例

お子様の年齢や目的により、親は保護者ビザ(ガーディアンビザ)か、学生ビザを取得することで長期滞在が可能になります。

保護者ビザでは法律上就労ができないので、英語力や趣味のスキルを上げるなどの学習が可能です。

親御さんが学生ビザを取る場合は半年以上、語学学校や専門学校へ通う必要があります。

お子様の年齢や滞在スタイルによって通う学校も違ってくるため、公立校が私立校かによっても学費にも大きな差が出てきます。

 

年齢0~5歳【幼稚園】

<特徴>

 

<期間別料金表>

6カ月

1年

2年

<含まれるもの>

  • 空港ピックアップ

 

年齢6~17歳【小・中・高】

<特徴>

 

<期間別料金表>

6カ月

1年

2年

 

<含まれるもの>

  • 空港ピックアップ

年齢18歳~【大学・専門学校・語学学校】

<特徴>

 

<期間別料金表>

 

6カ月

1年

2年

<含まれるもの>

  • 空港ピックアップ

 

子供の英語学習の最大のメリット

子供はとにかく日々脳がとても活発に動いているので、どんな言語もどんどん吸収する力を持っています。

言語を学び始めるのは早い年齢ほど吸収力があるため、小さい年齢から他言語を教育することでネイティブに近づきやすく、覚えるスピードも早いです。

母国語として語学を覚えるのに適している年齢は1~10歳前後と言われているため、この間に英語を覚える環境にいないと、脳が英語を母国語のように自然と認識することがとても難しくなります。

年齢が若いほど聴覚が敏感で、知識欲も盛んになり、体を動かしたり、家族や友達と日常会話を通して語学を学んでいきます。

どの語学を学ぶにしても同じですが、「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」をバランスよく鍛えることで、単語や文法のルールもすんなりと理解することができ、楽しく英語を学んでいきます。

様々なことにチャレンジさせてあげることにより、学習意欲や自信につながっていきます。

Posted in Uncategorised.