留学・ワーホリなんでもQ&A

<<ワーキングホリデー編>>

Q: ワーキングホリデーって何ですか?

海外で滞在するに何らかのビザが必要です。ワーキングホリデーとは、ワーキングホリデービザを取得して、ワーキングホリデーが可能な国に1年間滞在することを言います。ビザにより、働けないなど、いろいろな規定がありますが、ワーキングホリデーでは、長期で、仕事をしたり、勉強したり、旅行したり、自由に滞在することができる、唯一のビザとなる、とても便利なビザです。ただ、国によって、それぞれの異なる規定がありますが、オーストラリアのワーホリでは、学校に通うのは最大17週間、また1企業に最大6ヶ月間しか働けないという制限がついています。最大1年間オーストラリアに滞在でき、18歳以上30歳までの方が人生に1度、取得することができます。オーストラリアのワーホリは、1年目のワーホリの間に農場などで3か月以上働いた証明があると2年目のワーホリを申請ができますので、多くのワーホリの方は、農場などに行って、仕事をしその資格を得て、2年まで滞在しています。

 

Q: ビザはどうやって取得しますか?英語が苦手ですがどうすればいいでしょうか。

初めてのワーキングホリデービザは、オーストラリア国外からのみ、オンラインで申請できます。英語での手続きになりますし、英語ができてもフォーマットに慣れていないと困惑することも多いでしょう。さらに、少しの間違いでも、その後面倒な事態になることもあります。移民局への連絡は当然、英語ですし、メールを送っても返事もなかなか来ないなど、苦戦されている方の話もよく聞きます。マイステージでは、弊社を通して学校やインターンシップなど、何らかのプログラムをお申し込みされた方には、無料でビザの申請の代行も行っておりますので、楽々、ストレスフリーです!

 

Q: ワーキングホリデーを取得するには条件はありますか?

日本をはじめ、オーストラリアとワーキングホリデー協定を結んでいる国で、18歳以上30歳までの健康・健全な方であれば基本的に取得できます。

 

Q: ワーキングホリデーで滞在するのに必要な英語力はどれくらいですか?

英語力ゼロの方でもワーキングホリデーで滞在することは可能です。日本食レストランなどであれば、英語力ゼロでも雇ってくれる所はあります。ですが、日本語で生活できる環境に身を置いてしまうと、思ったより英語力は伸びないでしょう。 まずは、語学研修を受けて、簡単な英会話ができるようになれば、仕事の幅も広がりますし、いろいろな国の人との交流も深くできるようになります。英語力をアップし、充実した時を過ごされたいなら、語学学校やインターンなどを通じて英語力アップすることをおススメします!

 

Q: セカンドワーキングホリデービザとは何ですか?

セカンドワーキングホリデービザとは、ワーキングホリデービザでオーストラリア滞在中に指定されたエリア・指定された職種(農場やミート工場、林業など)で88日間以上働くと取得できるビザとなっており、ワーキングホリデーと同様、学校に通うのは最大17週間、また1企業に最大6ヶ月間しか働けないという制限がついています。また最大1年間オーストラリアに滞在でき、18歳以上30歳までの方が人生に1度、取得することができます。

 

Q: お金がないのですが、ワーホリに行きたいです。可能でしょうか?

はい!可能です!!

もちろん、資金はあるに越したことはありませんが、マイステージには「有給インターンシッププログラム」がございます。お金を稼ぎながら英語力をアップしたり、オーストラリアのローカル環境での体験をしたり、オーストラリアでの仕事の経験を積んだりできるプログラムです。参加費はかかりますが、3か月でも、ほとんどの方は30―60万円は貯金して帰って来られます。多い方では、たったの3か月で130―180万円貯金していらっしゃっていました!!⇒プログラムの詳細を見る<link to “mystage/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e5%86%85%e5%ae%b9/”>

 

英語力がない方は、1-3か月くらいの語学研修の後に、参加可能なパッケージのご用意もあります。オーストラリアの最安値の語学学校もご紹介していますので、予算が少ない方も、安心してご相談下さい!

 

Q: ワーキングホリデーではどのように1年を過ごす方が多いですか?

まずは語学学校に3-4ヶ月通って、しっかり中級レベル程度までの英語力に上げ、その後、アルバイトやインターンシップをしたり、ボランティアをするなどして、さらに実践的な英語力を伸ばされるとかなり充実した1年になると思います!また、ファームなどで働いて、セカンドワーホリを取得したり、TOEICコースやJ-shine,日本語教師などの資格取得コースにチャレンジするなど、充実した日々を過ごされている方がとても多いです。州ごとに全く違った美しさを持つオーストラリアの大自然を満喫するため、ラウンド(オーストラリア一周旅行)も人気となっています。

マイステージでは無料相談を随時行っていますので、ご相談下さい!あなたにぴったりなプランをアドバイスしています! ファームのご紹介も年中行っています!!

 

Q: ワーキングホリデーのメリットはなんですか?

低予算で海外長期滞在ができるのが最大のメリットです。特にマイステージの「有給ホテルインターンシップ」などを使ってオーストラリアの企業で働くと時給も18ドル以上(約1600円以上)と、場合によっては、貯金をして帰国することも可能です。また勉強したり、遊んだり、働いたりと、自分の好きなように丸1年間を使うことができることも魅力です。

 

Q: ワーキングホリデー中、インターンはできますか?

はい、できます。ワーキングホリデービザは自由にスケジュールができますので、インターンをしたい方には最適なビザと言えるでしょう!

 

Q:ワーキングホリデーは就活に役立つのか気になります?

1年間どのように過ごすかによって、全く変わってきます!1年は長いようであっという間です。自分で全部探そうと思っていると、仕事を探しているだけであっという間に数か月過ぎてしまったなんてこともよくあるようです。

マイステージの「有給インターンシップ」などを利用して、費用がかかっても、さっさと、現地の企業でのお仕事体験をし、お金を貯めたり、英語を伸ばすことで、次は自分で現地企業の仕事が見つかることができるなどステップアップになります!英語が少しでもよくできるようになることで、いろいろな可能性が広がっていきますので

何と言っても、まずは、語学学校で英語の勉強をして、少しでもできるようにした後に、仕事をしたり、また他の資格の取れるコースに通ったり、将来のキャリアのために「無給インターンシップ」をしたりすると、かなり充実します。また、旅行やファームで見聞を広げたり、いろいろな経験をすることで、視野が広く魅力ある人間に成長できると思います。就活の際は、ワーホリで何をしたかということで、話が盛り上がり、それがウケて採用に繋がったという話もよく聞きます。あなたのワーホリは、あなた次第です! 一番重要なのは、時間を無駄にしないことです!!経験豊富なプロのカウンセラーに相談することで、思わぬアイディアや情報をもらえたりします。

マイステージはすべて無料でワーホリをサポートしています!ぜひお気軽にご相談下さい!!

 

 

<<留学編>>

Q: 留学するにはどのようなビザが必要ですか?

留学の期間が、3ヶ月未満であれば、観光ビザ(ETSビザ)での滞在も可能です。その場合は、アルバイトはできません。もし、アルバイトをしたい場合、もしくは3ヶ月以上学校に通いたい場合は、学生ビザを取得ることになります。学生ビザの申請はすべて英語となるだけでなく、内容もかなり複雑です。特に最近はまた改正があり、さらに複雑となり、ちょっとした知識がないと、次のビザ申請にも影響が出る場合もありますので、注意が必要です。マイステージを通して学校を申し込んで頂くと、無料で学生ビザ取得の申請代行を行っておりますので安心です!

 

Q: 学生ビザとはどのようなものですか?

オーストラリアで学校に通う場合に取得するビザです。期間は、学校のコースの長さにプラスして学校終了後、1~3ヶ月のホリデーがつきます。また、学校やコースによっては、通学期間の途中にもホリデーが入ります。学校は週20時間以上通学することになり、また2週間あたり40時間までアルバイトをすることができます。(ホリデー期間は無制限でアルバイト可)語学学校の場合、出席率が80%を上回らないといけません。専門学校の場合は、レポートの提出やテストなどがあり、それらをパスする必要があります。また、学生ビザの場合は、オーストラリア政府が指定する医療保険の加入も義務付けられています。

 

Q: 学校の手続きを手伝ってもらうことはできますか?

はい、マイステージでは無料で学校の手続きをお手伝いしています!さらに、弊社を通して学校をお申し込みいただくと、学生ビザ申請代行や現地サポートも無料で行っています。

 

Q: 留学する場合、英語力はどのくらい必要ですか?

語学学校の一般英語コースであれば、英語力ゼロでも入学することができます。もし、その他のコース(英語資格取得コース、大学進学コース、ビジネス英語コース、専門学校、英語教師養成講座【TESOL】コース、児童英語教師養成講座【J-shine】コース)や専門学校、大学への進学を目指す場合は、あらかじめ英語テストを受けていただきます。テストの結果により、どのように進学できるかが決まりますので、結果により、ベストな方法をアドバイスしています。同テストは日本からも受けることが可能です。

 

Q: インターネットで調べても学校の特徴がわかりません。どのように学校を選べばいいですか?

インターネットの情報や、学校のパンフレットに書かれていることはどれも同じように見えますよね。また、パンフレットやウエブサイトでは本当の姿は見えなかったりもします。豪華なパンフレットでも実際に行ったら、そうではなかったということもあり得ます。海外の学校の口コミ情報はなかなか伝わってきませんが、マイステージはオーストラリアにオフィスを構えていますので、実際に通っている学生さんからの実際の感想や、口コミや、学校の視察から得られる情報などを元に、それぞれの学校の特徴をしっかり把握してますので、皆さまの目的やタイプに合った学校をご紹介しています。

 

Q: どの英語学校に行けば英語力が伸びますか?

教室に座っているだけでは英語力は伸びませんし、積極的に発言したり、授業の予習復習や単語を覚えるなどの努力が必要ですので、どの学校だったら必ず英語力が伸びると断言することはできません。ですが、マイステージではインターン手配の関係で毎年500名以上の日本人留学生の英会話力チェックをしていますので、その結果から、相対的に英語力が伸びているなど評判のいい学校を、まずご紹介しています。

 

Q: 日本人の少ない語学学校や、学費の安い語学学校はありますか?

はい、ございます。オーストラリアは、他の英語圏の国に比べると、日本人・アジア人留学生の割合が比較的少なく、また、ヨーロッパや南米の学生が多くなっています。さらに、マイステージはオーストラリアに拠点を構えていますので、各学校の日本人比率を把握し、ご希望に応じ、できるだけ日本人の少ない学校をご紹介しています。また、日本で紹介されている学校はブランドのある学費が高い学校ばかりという印象かと思いますが、実際には格安学校も多く存在します。シドニーだけでも語学学校は100校以上あると言われています。マイステージではオーストラリア拠点の現地エージェントだけが知っている学校や、現地エージェントだけの特別ディスカウントも頂いていますので、お得な料金にてご案内しています!皆さまのご予算に応じて、どんな風な学校がいいかお聞きし、ご希望の学校をご紹介しています!!

 

Q: どういう学校やコースで勉強することで、就職やキャリアアップに繋がりますか?

皆さまそれぞれの英語力・経験・目標や適性が違いますので、しっかりカウンセリングをさせていただき、おひとりおひとりにぴったりの学校をご紹介いています!マイステージはこのカウンセリングを一番重要だと考えています。しっかり、お話を伺い、間違いのない、ベストなプランや学校をアドバイスをするよう日々努力をしています!オーストラリアにはたくさんの学校やコースがあり、日本にはない専門的なコースや、大人の方が通えるコースなども充実しています。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

Q: 留学とインターンの両方を行うことはできますか?

はい、可能です。学校に通学する場合、ホリデー(休暇)がありますので、その期間を利用してインターンをしたり、また日中にインターン、夕方から学校というスケジュールも可能です。

 

Q: ワーキングホリデーや観光ビザから学生ビザを延長することはできますか?

はい、可能です。ビザの延長や変更などは、ビザの専門家のアドバイスの元、確実な方法で行うことをおすすめします。すでに、マイステージのオーストラリア現地オフィスには、すでにワーキングホリデーや留学でオーストラリアに来ている方々が毎日、学校を変更したい、ワーホリが終わりそうなので、学生ビザに切り替えて、もっと滞在したい、コースの変更をしたいなど、様々なことで相談にいらしています。このような、学校選びや学生ビザのお手続きに関しては、いつでも無料カウンセリングを行っていますし、マイステージを通して学校を申し込んでいただければ、学生ビザ申請代行も無料で行っていますので安心して、ご相談ください!

 

<<生活編>>

 

Q: オーストラリアでのステイ先はどのようなものがありますか?

ホームステイをはじめ、留学生用シェアハウス・一般のシェアハウス・バックパッカーなどを利用する方が多いです。ホームステイや留学生用シェアハウスは、マイステージでご紹介しています!ほとんどの方は、(99.9%)まず初めの4週間程度は、ホームステイ、もしくは留学生用シェアハウスで過ごし、だんだん、地理やオーストラリアの様子がわかってきたら、自分で一般のシェアハウスを探し、移動するというパターンとなっています。シェアの探し方などもアドバイスしていますのでご安心ください!またファームやラウンド(オーストラリア一周旅行)中はバックパッカーが人気です。

 

Q: オーストラリアで銀行口座開設はどのようにすればいいですか?

パスポートとビザのコピーを持って銀行の窓口に行くことで、銀行口座を開設できます。通常、銀行カードの発行には手続きから2週間程度かかります。また、オーストラリアでは一般的に口座維持費が月数ドルかかる所も多くなっています。※マイステージを通して学校やインターンシップを申し込まれた方は、無料にてサポートサービス行っています。

 

Q: タックスファイルナンバーとはなんですか?

タックスファイルナンバーとは納税者番号のことになります。こちらは、オーストラリア税務署のホームページから取得することができる9桁の番号で、オーストラリアに滞在し、働く場合はこの番号を一生使っていきます。アルバイトをする際には雇用主にこの番号を提出することになります。※マイステージを通して、学校やインターンシップをお申込みの方は無料でサポートサービスにて取得代行を行っています。

 

Q: オーストラリア現地での生活が心配です。サポートをお願いできますか?

はい、マイステージでは現地サポートサービスを行っております。マイステージを通して学校を申し込んでいただくか、インターンシップなど何らかのプログラムにお申込いただきましたら、下記の現地サポートを無料でお付けしています!

学生ビザ・ワーキングホリデービザの取得代行 / 銀行口座開設 / タックスファイルナンバーの取得代行

郵便お預かりサービス / 宅配便一時預かりサービス /  滞在中、緊急時電話サポートサービス

オーストラリア生活オリエンテーション / 無料学校紹介・手続き代行 /オフィス内インターネット利用

 

Q: 現地での携帯電話の契約はどうすればいいですか?

プリペイド式や短期契約、長期契約などの契約が可能です。日系通信会社などが携帯付き(購入・レンタル)の、お得なプランを多様にそろえていますので、マイステージにご相談いただければご案内させていただきます。

 

Q: 日本の携帯をオーストラリアで使うことはできますか?

現在ご利用の携帯がSIMフリーでしたら、SIMカードをこちらで購入してプランを選べば、そのまま使用することもできます。もちろん、持込で月額契約に申し込むことも可能です。ただ、現地お店に行きますとすべて英語ですし、何かと問題があった時など大変です。マイステージでは格安の携帯レンタルやWi-Fiレンタルをご紹介していますのでお気軽にご相談下さい!

 

Q: オーストラリアの気候は?

南半球に位置するオーストラリアは、季節が日本とは真逆です。また、国土面積が日本の約22倍という広大な大陸のため、季節や気候なども地域や州によります。例えば、クイーンズランドは熱帯雨林気候で雨季と乾季と季節は2つ、シドニーやメルボルンのような都市部では、日本ほどではないですが四季があり、一年を通して乾燥して、夏はカーッと暑くても、日陰に行くとひんやりしたり、日本のようなムシムシと蒸し暑いことはほとんどありません。冬は日本のような厚手のコートを着ることはほとんどなく、秋のちょっと寒いくらいまでの感じです。冬は朝夕の寒暖差が激しいのも、オーストラリア全土を通しての気候の特徴といえます。

 

Q: オーストラリア主要都市の特徴を教えてください。

 

シドニー(NSW)

自然と街の融合が特徴。中心部はアジア人が多く、あらゆる人種が一緒に生活している様子は日本では経験できないものです。ヨーロッパ的な建造物のあるところも多く、素敵な街です。少し足を伸ばせばビーチや美しいハーバーの景色に出会える、美しい街です。交通の便もとても便利で、電車やバスでどこでも行けるほどとてもよく整っています。仕事も多く、便利で生活しやすい都市です。日系のショップや日本食レストランも豊富、語学学校の選択肢も多く海外生活をはじめるのに向いています。

 

メルボルン(VIC)

オーストラリアのヨーロッパとも呼ばれるほど、歴史的な建物や洗練された街並みが特徴です。集まってくる人々も芸術家やミュージシャンが多く、またカフェ文化の発祥の地だけあってレベルの高いコーヒーを提供するカフェが並ぶカフェレーンなどもあります。市街地には路面電車「トラム」が走っていますが、大都市の割りにコンパクトで散策もしやすいです。オーストラリアの中では、少々寒い気候の地域で、唯一雨が多い都市となっています。

 

パース(WA)

時に陸の孤島とも呼ばれる、西オーストラリアの州都です。訪れてみるとその温暖な気候、いたるところにある公園や自然、フレンドリーな人々が営むゆったりした暮らしに心地良さを感じるでしょう。少し足を伸ばして日帰りで、ワイナリーや美しい海に囲まれた島、ロットネスアイランドなどを訪れるのもおすすめです。

 

ダーウィン(NT)

ノーザンテリトリー州の州都で、熱帯性気候に属しているため、通年湿度が高く暑いのが特徴です。その気候のためかビール消費量がオーストラリア一だといわれています。街中は熱帯特有の樹木や花々が咲き誇り、市内には観光客に人気のオーストラリア先住民・アボリジニのふるさと国立公園があります。オーストラリア全土のどの都市とも違う、独特の雰囲気を楽しめます。

 

ケアンズ(QLD)

グレートバリアリーフと熱帯雨林の2つの世界遺産を有する、観光ベースの小さな町です。熱帯雨林気候のため通年暖かく、山や海でのアクテイビティが一年中楽しめるのも魅力です。市街地は小さくまとまり、徒歩圏内で歩き回れます。ただ交通機関はバスが主流とはいえ、あまり整っていないため多くの留学生やワーホリは自転車を利用しています。日本人経営のショップ、レストランも多くアルバイトも比較的探しやすいです。

 

<<渡航前準備編>>

 

Q: 海外医療保険は必要ですか?

滞在期間中の海外医療保険に入られることを強くおススメしています。学生ビザの場合は、OSHC(学生保険)加入が義務付けられており、入らなければビザが申請できませんのでご注意を。ワーキングホリデーの場合は義務ではありません。ただ、どれだけ丈夫な人でも環境が変われば、体調に異変が起きても不思議ではないし、どれだけ気をつけていても風邪を引いたり、スリや事故が起こるかもしれません。オーストラリアの場合救急車でさえ無料ではなく、医療費も高額です。ワーホリライフを楽しむための、安心材料としてぜひ加入を検討してみましょう。

 

Q: クレジットカードは必要ですか?

オーストラリアではクレジットカードはとても重要です。日本でもカード社会化が進んでいるとはいえ、比べ物にならないほどオーストラリアではほとんどの支払いをカードで行います。何より携帯電話や銀行口座の開設などでは、クレジットカードは身分証明書として必須アイテムなのです。さらに留学やワーホリでの滞在中、旅行や学校などの支払いもクレジットカードで行う場合がほとんどです。留学やワーホリできて、オーストラリアでクレジットカードを作るのは至難の業なので、日本で作って来ましょう。

 

Q: 航空券はどのように取得すればいいですか?

航空券の購入方法には、1年間有効のFIXチケットを最初に購入する場合と、片道航空券で入国し現地で帰路を購入する場合があります。ただワーキングホリデーは最大2年間、1年のワーホリ後に別の国を周遊して帰国するなど、ワーホリの後にもさまざまな可能性があり、最初から往復チケットを購入するのは行動に制限がかかってしまうのであまりおすすめしません。

航空券はもちろん旅行会社を通して購入もできますが、格安航空券の比較サイトなどもあるので、そちらで個人で購入するという手もありますよ。ただ、格安ならではの注意点もあります。出発時刻が早過ぎたり遅過ぎたり、乗り継ぎ時間が長かったり、遠回りしたり、キャンセルができなかったりとさまざまです。しっかりと条件を確認してから購入しましょう。

 

Q: どのような服装を持っていけばいいですか?

オーストラリアの季節は日本の真逆です。例えば、8月なら日本は真夏ですが、オーストラリアでは真冬、一番寒い時期です。なので、入国時期と、そのエリア(国土の広いオーストラリアは州によっても違う)を事前確認し、入国時の服装をメインで持っていかれるのがいいと思います。数ヶ月程度なら網羅する季節分を持参できますが、1年に渡る場合などは、その都度揃えたり、違うエリアから移ってきた人から譲り受けたり、せっかくなのでオーストラリアのファッションを楽しむのもいいですね。物価の高いオーストラリアですが、衣料品の値段設定はピンキリ、若い人向けの可愛いファッションは意外と安かったりします。ただ日本人の人は寒がりが多いので、薄くて質の良いヒートテックなどは日本から持参すると重宝すると思います。

 

Q: 日本から荷物を送付するにはどうすればいいですか?

送る手段はさまざまで、佐川急便、クロネコヤマト、FEDEX、国際郵便などがあります。利用しやすく経済的なのは、国際郵便ではないでしょうか。EMS、SAL、船便、飛行機便などからスピードと料金を考慮して選ぶことが出来ますし、追跡や保険をつけることもでき便利です。郵便局へそのまま持ち込んでもいいですし、EMSなら家までの集荷サービスもありますよ。

ただオーストラリアは検疫が年々厳しくなっており、国外から荷物を送るのが、非常に難しい国のひとつです。特に食料や、植物に関するものは厳しいので、ぜひこちらもご確認を。http://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/faq_aboutaustralia_jp.html

 

Q: オーストラリアにはどのようにお金を持っていけばいいですか?

到着後のしばらくの生活費やお小遣いなどは、現金を持ってきてオーストラリアで両替をしたり、トラベラーズチェックなどで持ち込む以外に、海外提携ATMで現金を引き出せるカードも増えています。このカードは本当に便利で、引き出した日の外貨レートで、自分の日本の銀行から直接お金を引き出すことが可能です(手数料あり)。また、AMTが利用できない場合や、現金を失った場合に備えてクレジットカードは準備しておいたほうが安心です。長期で留学する場合などは、到着後に現地の銀行で口座開設をし、その口座に日本のご家族から海外送金してもらう方法が、一般的ではないでしょうか。

マイステージではお得なレートの送金方法もご紹介していますので、お気軽にお問い合わせください!

 

Q: いつ頃から渡航の準備を始めたほうがいいですか?

ワーキングホリデー、留学、インターンシップなど滞在目的や、滞在期間で準備期間は異なります。でも初めての海外、納得するまで確実に準備をしたいのであれば、目安として語学学校なら約半年、大学や専門学校への留学なら一年半くらい前からはじめられます。ワーキングホリデーの場合は、思い立って最短約1ヶ月でも準備できますし、可能性を探ってじっくり時間を掛けることも可能です。まずは、ご自身の渡航の目的を明確にするところから、始めるといいでしょう。マイステージは現地にオフィスがありますので、ギリギリでも対応しています!他のエージェントに「もうギリギリで間に合わないと言われた方!」 ぜひご相談してみて下さい!マイステージならできるかもです!! また、もし、「何ができるか、何がしたいかまだよくわからないけれど、とにかく、海外に興味がある、海外に行ってみたい!」という方はまず、マイステージにご相談ください!ゼロから一緒にご相談に乗りますよ!

 

Posted in Uncategorised.