マイステージのワーキングホリデー

これからワーキングホリデーへ行きたいなと思っている方、色々なホームページや留学エージェントで調べているけれど、いまいち「ワーホリ」ってどんなものか分からない?という方も多いのではないでしょうか?

ワーキングホリデービザは

「海外に長期間住んでみたい!」

「留学費用を節約したい」という方にはピッタリのビザです。

18歳~30歳までが対象で、現地で働いて生活費を補いながら生活することが出来る特別なビザです。外国で勉強してもよし、働いてもよし、ただただ遊びつくしてもよしな自由な時間を過ごせるワーキングホリデー!自由なだけに、しっかりとした計画と目標があった方が充実した海外生活をおくれます◎

ワーキングホリデーだと、日本人が多いから英語が伸びない、就活に不利な留学方法だと思っている方もいるのではないでしょうか?

確かに、行き当たりばったりのワーホリでは、せっかくの海外生活なのに最初に思い描いていた海外生活とはほど遠い生活だったってこともよくあります・・・

🙄1年間ずっと日本語環境で過ごしてしまった。

🤨語学学校が終わってから外国人と話す機会がなくなった。

😫ワーホリ中にやりたい事、行きたい場所があったはずなのに達成できなかった。

😭家とバイトを往復の毎日。日本にいる時と変わりない生活を送っていた。

実際にこういう人は少なくありません?

今これを読んでいるあなたは、

ただのワーホリで終わらせたくない!と思っているはず!

マイステージでは、

ワーキングホリデーの1年でしっかりスキルアップできるオリジナルプログラムが充実しています。

初めての海外でも、英語に自信がなくても大丈夫!1周り、いや2周り成長できる充実した最高のワーキングホリデーにしましょう♪♪

マイステージはオーストラリアのシドニーに本社がある

現地拠点の無料エージェントです!!

出発前から到着後も手厚いサポートで安心?現地サポート料はもちろん無料!学校紹介も無料です。

 

ワーキングホリデービザの条件

① ビザの有効期限は入国日から1年間。
② オーストラリアで働く場合、同じ雇用主の元で働けるのは6ヶ月間。
③ ワーキングホリデーで滞在中に勉強できる期間は最大17週間。

以上3点が、ワーキングホリデーにおける基本ルールとなります。(ワーキングホリデーの条件は国によって異なります)
なので、語学が不安だからしっかりと語学研修を半年~1年くらいしたいと思っている方はワーキングホリデーよりも学生ビザを利用する方が目的に近づく可能性もあります。オーストラリアは学生ビザでもアルバイトする事が可能です。
ワーキングホリデーはあくまでも、「休日を過ごしながら、働く事で滞在費用を節約する事ができる制度」と言う事になります。

次に、ワーキングホリデーのビザが受けられる人について。

 

ワーキングホリデービザ発行対象者

✅ビザ申請時の年齢が18歳以上30歳以下である事。

✅扶養者を同伴しない事。

✅以前にワーキングホリデービザを発給されたことがない事。

となってきます。2017年にオーストラリア政府が対象者を35歳まで引き延ばす案を提案した為、一部のホームページではそのような記載がありますが、残念ながら日本人には適応されていませんので、現行変わらず31歳の誕生日までに申請する必要があります。(20191月現在)

ワーキングホリデーのビザは1つの国に対して一生に1度しか交付されません。また、ビザが交付された日から1年以内に入国する必要があるので、ビザを取る際には気をつけないといけませんね。

そうなんです!逆に言えば、「最近ワーキングホリデーの制度を知ったけど、来月の誕生日で31歳になってしまう。もっと早く知っていたらワーホリに行きたかったなぁ」という方にもまだチャンスがあるのです。

30歳のうちにビザさえ取ってしまえば、実際にワーキングホリデーのビザでオーストラリアへ入国するのが31歳になってしまっても問題ないんですよ。準備期間は1年あります!

30歳になって「新しい事に挑戦したい」「ずっと海外に憧れていたがチャンスがなかった」と言う方は、今がチャンスです!

 

ワーキングホリデービザの申請について

さて、上記を読んで「じゃあ、ワーホリのビザ取っちゃおうかな?」という方。ご注意下さい。

自分ですべて手配をするのではなく、まずは留学エージェントでカウンセリングを受ける事をお勧めします。

私たち留学エージェントは、数多くの留学生を見てきています。12人の友人の話よりも、もっと多くの留学パターンと情報を持っています。まずはプロにあなたの留学目的やプランを相談した上でどの様なビザを取るか、アドバイスを受けるのが賢明です。もしかすると、あなたキャリアを無駄にする事なく、将来海外で活躍できる可能性があるかもしれません。

また、ビザの申請においては年々移民局のチェックが厳しくなっているのが現状です。今まで日本人であればスムーズに取れていたビザも、入力ミスがあり却下されたケースもあります。また、提出書類を求められている事に気づかず、渡航を予定していた日までにビザ発給が間に合わなかったり、と様々な問題が起こる可能性もありますので、ビザ申請には慎重になって下さい。

マイステージでは、あなたのプランにぴったりなビザをご案内しております。語学学校やプログラムをお申し込みの方には、ビザ代行申請も無料でサポートをしておりますのでご安心下さい!まずはお気軽にご相談下さい。日本人だけでなく、韓国・台湾・タイ・ベトナムといったアジア圏の方々や欧米の方々のビザも幅広く手配しております。

AUSワーキングホリデービザの方要注意!セカンドビザについて(実話)

学生VISAで滞在7年以上、50代の方の学生VISAがおりました!

 

ワーキングホリデーで出来る事

ここまでビザについて説明してきましたが、では実際にワーキングホリデーを利用してオーストラリアに行く人は現地でどんな生活をしているか気になりますよね?
「ワーキングホリデーで1年間どのように過ごしたらいいですか?」というような質問を頂く事がありますが、ワーキングホリデーというのはとても自由度が高いビザです。国は違いますが、軽く言ってしまえば他県に引っ越すような感じで考えてもらえればいいかと思います。
例えば、今沖縄に住んでいる方が東京に引っ越す事にしました。(日本国内なのであくまでも日本語ですが)日本でも沖縄と東京、たくさんの違いがあると思います。まずは言葉、風習、地理、食べ物...etc そんな新しい場所で、みなさんならどう生活されますか?想像してみて下さい。
海外に行くと言うと大げさに考えてしまうかもしれませんが、基本的に生活をするという事は一緒です。住むところを見つけて、言葉を覚えて、仕事を探すという事になってきますね。
もし、東京は自分に合わないと思ったら、大阪や福岡に引っ越すのもありですよね。オーストラリアでも同じ場所にずっといる必要はなく、好きなところが見つかるまで旅できるのもワーホリの醍醐味になってくるかと思います?

こんな感じで考えれば少しリラックスして考えることが出来るかと思いますが、やっぱり一番重要なのは英語力です。
日本でも最近はたくさんの外国人労働者を見かけますね。接客業をされている方はちゃんと日本語を理解して、話されていますよね。みなさんが海外で働く事になっても条件は「同じ」です!!
はっきり言って、英語が話せないなら仕事も選べません?お客さんから何か話しかけられた時に「聞き取れない」「返事ができない」じゃ、仕事になりませんよね。
「オーストラリアではすぐに仕事を見つける事が出来ますか?」という質問も非常に多いです。あなたが選ぶことがなければ何らかのアルバイトは見つける事は可能です!ワーキングホリデーが出来る国は日本人も多いですので、日系の会社や、日本食は世界的に人気ですのでそういった日本食レストランでのお仕事でなおかつ裏方のお仕事。またはアジア人を低賃金で働かすような悪徳な雇用主の元であれば仕事をもらえると思います。実はみなさんが夢見ている理想と現実はかなりのギャップがあるかもしれません。欧米諸国はなんといっても実力社会ですので、あなたの英語力はもちろん、経験や積極性がなければローカルジョブ(現地のお仕事)を見つけるのは困難でしょう。
「自分の力でなんとかしたい!」と渡航される方も多くいらっしゃいますが、はじめに英語力をつける人と、半年後に英語力がない事に焦って動き出す人では、ワーホリの充実度は全然変わってきます。ワーホリは1年という期限つきですので、後で後で・・・と先延ばしにしているとあっという間に帰国しないといけない、という事にもなりかねません。

こんなに差が出る?!有給インターンシップVSシドニー勤務

英語力の向上を目指してワーホリされる方

オーストラリアの英語は訛っていると聞いて心配?‍♂️?という方もいますが、オーストラリアは教育水準が高く、英語の学習においては大変オススメの国です!語学学校の質も良く、他国で留学したことがある方でも、オーストラリアでの学習を非常に楽しんでいらっしゃいます。最近は2カ国留学でフィリピンやフィジーに数か月~半年留学されてから、オーストラリアへ入国される方も少なくないですが、それほど長く留学していてもオーストラリアへ来てみると「ネイティブの話すスピードにとてもついて行けない」「なかなか自分の英語が伝わらない」という話も多く聞きます。旅行や、経験のための2か国留学はとても良いと思いますが、英語力の向上や節約といった意味では、あまりオススメではないかもしれません。

 

ワーキングホリデーの可能性は無限大!

ワーキングホリデーは、あなた次第でどうにでもなるんです?

英語力も身につけて、就活や次のステップに繋がるようキャリア・スキルアップするワーキングホリデーがしたくないですか?

ワーホリに行こう!と思ったらまずはご相談下さい。

マイステージは海外経験豊富なスタッフが出発前からしっかりサポートします!

  • 何から準備すればいいか分からない。
  • 語学学校に通った方がいいのか。
  • 仕事が見つかるか不安。
  • 将来のキャリアに繋がることをしたい。
  • 現地でしか体験できない事をやってみたい。

などなど。

あなたの貴重な時間もお金も無駄にしたくないから、マイステージはあなたと一緒にぴったりなプランを考えます!

1年は長いようであっという間です。悩む時間はもったいない!

カウンセリングは電話・メール・LINEでも受け付けております。

今すぐお問合せ

 

留学費用の元が取れるワーホリの方法おしえます!

マイステージのお得なパッケージ!

▶オーストラリアの物価はどのくらい?

ワーキングホリデーQ&A

 

ぶっちゃけ、ワーホリ予算っていくらいる?!

「ワーホリっていくらぐらいあれば行けるの?」みなさんが不安に思うのは、予算の面も大きいはず!

中には航空券のみで渡航される方もいらっしゃいますが、語学力や現地での目的によっても予算は大きく違ってきます。

Time is Money≪時は金なり≫時間はお金では買えません。実は渡航してからの1年間で何もしてない時間って結構あるんです!

あなたの大切な時間を最大限有効活用できるプランを低予算で実現できるたら?!

マイステージは現地拠点エージェントだからできる、無駄な費用をかけない無料エージェントです。

細々としたサポート料はいりません。そのお金はあなた自身の為に使って下さい!

語学学校や、その他のプログラムにお申込み頂ければ<ビザ申請代行、学校紹介料などすべて無料!>

必要なものだけ組み合わせてあなたのワーホリをオーダーメイドしよう!

 

オーストラリアの物価例($1≒¥90)

ホームステイ(例)

滞在費 $300/週(都市やエリアにより変動します)

ホームステイの場合は食費が含まれています

 

シェアハウス(例)

ボンド(家賃の2週間分)※ボンド(最初に払う契約金のようなもの。退去時に不備がなければ返ってきます)

1人部屋 $250 /シェア  $170(都市やエリアにより変動します。)

 

語学学校(例)

入学費 $100~200

授業料 $300/週(州や学校により変動します)

 

オーストラリアは物価が高い!?

コーヒー $3.5 PETボトル飲料 $4 お米/Kg $3.5
ランチ $11 ディナー $18 OZビーフ/Kg $25
ビール(paint) $11 タバコ1箱 $25 ケータイ(通信料2G) $30

オーストラリアでは、お給料が良い分物価も高めですね!

スーパーマーケットでは野菜やフルーツは日本に比べると比較的安い印象ですが、お魚やお肉は高め。

外食になると、1プレートで大体20ドルくらいするところが多いです。ファーストフードも10ドル前後。外国人にも大人気のラーメン、オーストラリアにも沢山お店がありますが、日本の1.5倍くらいのお値段です。しかしアジア系レストランは10ドル前後で食べられるメニューがある所も多くなっています。

また、好きな人には大打撃!お酒やタバコは税金が高く日本よりも随分高いです。

 

ワーホリに渡航前に必ずかかる費用

・航空券片道 (国によっては往復での購入が必要)

・海外保険  (強制ではないですが、入っていくことを断然おすすめします。)

・ビザ申請代 (国によって金額は異なります。)

 

元がとれる?それ以上?!できるワーホリ!!

有給インターンシップって何?
現地オーストラリアのワーホリメイカーたちに大人気な有給インターンシッププログラム!
なんと、オーストラリアでいち早くインターンシップを日本人にご紹介したのがマイステージなんです。
15年間の実績と幅広い派遣先を持ち、インターンシップ手配ナンバー1を誇っています!!

 

いくらワーキングホリデーで仕事をしながら海外で暮らすことが出来ると言っても、初めての海外で仕事を見つけられるか不安ですよね。

実際のところ、英語力や経験不足などが原因となり、日系以外の仕事を探すのは簡単なことではありません。

またビザも一時滞在となりますのでなおさらです。

そこでご活用頂けるのがこのプログラム!

現地の企業(ホテルやリゾート)でお金を稼ぎながら、実際にお仕事をすることを通して実践的な経験が出来きます。

マイステージでは、しっかりとカウンセリングをし、あなたに合ったインターン先をご紹介しています。

>有給インターンシップでどれくらい元が取れるのか知りたい!!

 

ワーキングホリデー行くと決めたら何から準備すればいい?

さて、これから1年以上、海外に住むとなった時、何から準備すればいいのでしょうか。
マイステージスタッフの経験談を参考に準備に取り掛かって行きましょう!

 

情報収集

まずは行きたい国の情報を集めましょう!その国の首都はどこか、どんな国民性で、何が有名なのか。
あなたはその国で1年間どのように暮らしてみたいか、色々想像すると楽しくなっちゃいますね♪
でもやっぱりその国の言葉を話せないと充実度はガクッと下がってしまいます。
行ってどうにかなると思っている方も多いですが、ワーホリで滞在出来るのは1年間だけ!語学力なしで行ってしまうとやっと少し話せる、相手が言っている事が理解できる、と思うようになった頃にはタイムリミットが来てしまいます。
語学力はあればあるに越したことはありません。語学は渡航前にもしっかり勉強しましょう!

渡航後のプランを決める

行きたい国が決まったら、必要なものは何か。どんな事をしたいか。ワーキングホリデーで渡航する目的を考えてプランを明確にしておきましょう!
目標がある方が充実した海外生活が送れますよね!

パスポートの発行

申請から1週間以上かかります。ビザ申請にも必要ですのでお持ちでない方は早めに用意しておきましょう。
既にお持ちの方も有効期限が十分にあるかをチェックしておきましょう!

資金を貯める

資金もあればあるに越したことはありませんね!お金の余裕は心の余裕・・。海外では予想できないトラブルが多いです。
私は大丈夫!と思っていても、盗難にあったり、体調を崩してしまって病院にかかってしまったりと。

ビザを申請する

国にもよりますが、ビザの発行まで当日~半年以上とばらつきがありますのでご自身でビザ発行までの日数を把握しておくといいですね。

語学学校やホームステイの手配をする(4~2か月前)

人気の語学学校は3か月前には満員になってしまうところも!
夏休み・春休みの時期はホームステイ先も早く埋まってしまう可能性があるので余裕を持ってお問合せ下さい。
現地に入ってからどの学校に行くか決めるのもありですが、語学学校に行くことを決めているなら事前に決めて渡航される方が断然時間の無駄がありません。
語学学校の入学日は月曜日ですので、現地で決めると1週間、2週間は何もする事がない、という事にもなりかねません。

航空券の手配

航空券もギリギリに手配するより、余裕を持って手配される方が安くなる場合が多いです。
語学学校やご自身のスケジュールが具体的になってきたら航空券を抑えちゃいましょう!

公的手続き(海外転出届、国民年金・国民健康保険等、水道、電気、郵便)

海外転出届を提出しておけば国民年金、国民健康保険を払う必要はありません。
年金を留学中は支払わないこともできますし、海外転出届を出していても年金を払い続ける事も出来ます。

国際免許の取得

海外でIDの代わりにもなる国際免許は取っている方が便利!日本で発行した日から1年間が有効期限となりますので
出発前ぎりぎりに取得する方がいいかも!

歯の治療

海外で高くつくのが医療費!虫歯や親知らずは早めの治療を受けましょう!

クレジットカードや海外でも使える銀行口座を開設する

(2~1か月前)

海外であると何かと便利なのがクレジットカード。身分証明にもなりますので、もし今持ってなければ作っておきましょう。

保険の加入

出発日が決まったら海外保険に加入しましょう。

ワーキングホリデーについてのQ&A

よくある質問はこちら

マイステージの無料サポートって何をしてくれるの?

 

・出発前、事前カウンセリング(メールや電話にて)

・飛行機チケットの紹介(ご希望の場合)

・保険のご案内(ご希望の場合)

・優遇レート送金・両替サービスの紹介

・到着後オリエンテーション

オフィスにてオーストラリアで生活をはじめるにあたって生活全般に関することや、 現地の生活に役立つ情報など必要な事項をご伝授します。

<内容>

-交通機関の利用の仕方

-地域(シドニー全般について、安全な地域、注意が必要な地域など)

-銀行や郵便局など公共機関の利用について

-シェアの探し方

-ショッピング

-文化や習慣などについて

-領事館へ在留届の出し方など

-格安携帯電話のご紹介

・銀行口座オープンサポート

オーストラリア大手銀行の口座開設の代行をしております。ご到着時にはすぐにカードをお受け取り頂けます。

・Tax File Number申請代行サービス

・緊急時24時間連絡サポート

・郵便一時預かりサービス

・出発前の日本発送の宅配荷物一時預かりサービス

・Fax受信無料(送信は有料にて承っております。)

・無料インターネット利用

・無料コーヒーやティサービス

・ご滞在中カウンセリングやサポート

・現地での学校延長や新規学校申請、ビザ変更など(無料)現地拠点だから安心!

 

今すぐお問合せ