ボランティア・日本語教師アシスタント。手数料無料!オーストラリア、シドニー“現地拠点の留学エージェント”。現地での長年の経験と実績で無駄のない“格安プラン”を実現。オーストラリア留学、有給・無給インターンシップ、ワーキングホリデー、親子留学、高校留学、シニア留学、永住権、ビザ取得まで現地からトータルサポートしています。

 

語学研修

語学学校









専門コース/大学

ボランティア

日本語教師アシスタント

オーストラリアで日本語や日本の文化・伝統を教えてみませんか?

オーストラリアでは日本に親しみを持っている、いわゆる"親日家"が多く、大学でも日本語を専攻している学生がいたり、日本語・日本文化紹介を学校の授業にとりいれている小・中・高校も多く、日本語教育環境が整っている学校がたくさんあります。

オーストラリアは日本語教師の受け入れは一番歴史があります。

「日本語教師アシスタント」は文字通り、現地の中学や高校の日本語教師のアシスタントとして実際に教壇に立ったりしながら、現地の生徒たちに日本語、日本文化を伝える役割ができるアシスタントです。

オーストラリアは日本語を第二言語としている学校が多く、参加資格にも学歴が問われるということもないので、非常にプログラムにも参加しやすい国なのです。

あなたが日本人であること自体にとても価値があります!!その価値を活かしながら、ご自分の成長、英語力向上にもつなげることの出来る“日本語教師アシスタントプログラム”は魅力満載で大人気のプログラムです!!

オーストラリアがオススメなわけ!!

その1親日家が多い!

オーストラリアは親日家が多いです。日本のアニメ、ゲーム、日本製品の影響で、親日家が多いのはいわずと知れています。また、移民大国でもあるので様々な国の文化も受け入れようとする姿勢もあります。

日本との経済的交流も深いので、日本語ができると将来就職に有利なこともあって、日本語ももっとも人気がある言語の1つです。

その2日本語教育制度が整っている。

オーストラリアはLOTE(Language Other Than English)という制度や、アジア言語文化特別教育プログラム(NALSAS)という教育制度のもとで、外国語教育がとてもさかんです。これはオーストラリアが移民の国ということで、他国の言語や文化を尊重しながら教育していこうという姿勢のもとで生まれた制度です。その中でも日本語は第一外国語となっていて、学校の中には日本語の授業が週に25時間以上ある学校もあるくらいです!

その3日本語教師アシスタントプログラムも充実している!

“日本語教師アシスタントプログラム”を実施して一番歴史の長い国がこのオーストラリアです。受け入れ態勢もしっかりしている上に、門も広く、参加資格に学歴が問われることもないので、たくさんの方にご参加いただいております。また英語力に自信のない方でも、英語教育制度も充実しているので、英語の勉強に力を入れながら、このプログラムに参加しても、とても充実して過ごしていただけます!

その4治安が良く過ごしやすい

オーストラリアは英語圏の他の国に比べて、治安が良いので安心して生活を楽しんでいただけます!自然に恵まれていて、気候も穏やかです。また、日本との時差が少ないので日本にいるご家族にも連絡が取りやすいという利点もあります^^

日本語教師アシスタントプログラムの5つの特徴

1. 「受身」の留学ではありません!-まさに異文化交流のできる参加型、体験型の留学

以前に語学留学はしたけど、現地の人とあまり交流できず、英語の上達もそこまで。。だったという方!この日本語教師アシスタントプログラムではそんな方が満足できる体験ができるプログラムです。日本語を教えるたり日本文化を英語で紹介する体験しながら、英語を学び、オーストラリアの文化も学べる!参加型、体験型の留学=日本語教師アシスタント☆受身の語学留学とは違うので得られるものは大きいのです!!

2. 地元に密着した、本当のオーストラリアの生活が経験できる!

現地の学校生活に溶け込み、素朴であたたかい一般家庭へのホームステイで本当の「感動のウルルン体験」ができます!しかも滞在費用は通常のホームステイの半額以下で先生宅や生徒宅に泊まることも可能です。学校集会やお楽しみ会、モーニングティーの時間など本当の学校生活に溶け込むことができます!

3. まわりに日本人が少ない環境で英語力大幅にアップ!!

基本的には1学校、1人の派遣なので、まわりに日本人はほとんどいません!空き時間は現地の学校の英語の授業に参加してみたり、算数の授業の見学をしたりと現地の学生がどのように学校生活を送っているのかということを実体験することができます☆そのためボキャブラリーが豊富になり、リスニングにも格段に伸ばすことができます。まさに英語漬けの毎日です!!

4. 国際文化交流を通じて、相互に人間的成長ができます!!

長期に海外生活をすることでそれぞれの文化交流、いろいろな価値観を吸収し、新たな角度から世界を感じ、吸収することができます。人間的に成長をし、真の国際人として活躍できます☆

5. 充実したサポート

オーストラリアは親日家が多いです。日本のアニメ、ゲーム、日本製品の影響で、親日家が多いのはいわずと知れています。また、移民大国でもあるので様々な国の文化も受け入れようとする姿勢もあります。

日本との経済的交流も深いので、日本語ができると将来就職に有利なこともあって、日本語ももっとも人気がある言語の1つです。

こんな人におすすめ!
  • 実践的な使える英語を身につけたい方
  • 現地の地域に深く関わり長期に渡って海外生活をしたい方
  • 日本文化や日本語を海外の子どもたちに教えながら交流してみたい方
  • 短期でも英語圏で日本語教師体験をして見たい方
  • オーストラリアの教育を学びながら、一般の家庭での滞在経験をしてみたい方
  • プロの日本語教師を目指している方
どんな人が参加できますか?
  • 18歳以上で明るく健康で積極的、良識のある方
  • 日本語や日本文化を熱意を持って教えたい方
  • 日常生活に支障のない英語力をお持ちの方(TOEIC450点程度もしくは中級以上)
  • 自ら積極的にプログラムを遂行できる方
  • 自ら行動を起こし、問題解決を出来る方
  • 積極的に周囲とコミュニケーションを取ろうとすることができる方
 

派遣先は?

  • オーストラリア全土のプライマリースクール(小学校)
  • オーストラリア全土のセカンダリースクール(中学校・高校)
どんなことをするのですか?
  • 日本語教師アシスタントとして授業のサポート、運営
  • 日本語教師のいない学校では自ら授業の計画から実施まで
  • 日本語教師のアシスタントとして、日本の文化などを紹介
期間は?
  • 1週間からOK 最大1年まで可能
教師としての経験、資格は必要ですか?

特に必要はないのですが、事前に選考試験があります。

選考試験は、面接または電話での簡単なインタビューです。派遣先によっては、教えた経験がある人の方が好まれる場合がありますが、いちばん大切なのではやる気と熱意です!英語に自信がないという方は、事前に現地の語学学校に通うことも可能ですし、教えるということに少し自信がないという方でも日本語教師養成講座に通うことも可能です。

⇒日本語教師養成講座を見る

参加プログラムプラン例
★すぐにアシスタントに、という場合
オリエンテーション

派遣先で日本語教師アシスタントして働く
★まずは日本語教師としての勉強がしたい、という場合
「日本語教師養成講座」に通う

オリエンテーション

派遣先で日本語教師アシスタントとして働く
★ 英語に自信がない、という場合
現地の語学学校に通う(4週間~3ヶ月)

日本語教師養成講座に通う

オリエンテーション

派遣先で日本語教師アシスタントして働く
日本語教師アシスタントプログラム参加までの流れ

選考申し込み(場合によっては電話インタビューもあり)

合否連絡

参加お申し込み(合格の場合)

参加費用のお支払い

派遣校の決定(416ビザの場合、申請手続き開始)

ホームステイ先決定

派遣前のオリエンテーション(事前研修)

派遣地へ出発♪

 

 

マイステージのパッケージプログラム

 

★マイステージではあなたの英語のレベルやご予算、ご希望滞在期間などに合ったぴったりなプランをアドバイス致します☆

効率的で経済的な方法をご希望に添ってアドバイスしています。

⇒今すぐ問い合わせる